PONSARIN CLINIC Professional Beauty Center
ENGLISH CALL +66 80-188-0808
JAPAN CALL +66 83-840-8093
ボトックス
小顔効果
ボトックス注射では「えら」に対して作用して、「小顔」に見せる美容効果をもたらすことも可能です。

ではどうしてボトックス注射によって「小顔」になるのでしょうか。

人はアゴのあたりに咬筋(こうきん)と呼ばれる筋肉があります。咬筋はものをかむときに使う筋肉で、この筋肉が発達すると「えら」がはって顔が大きく見えてしまいます。

ボトックス注射では筋肉を萎縮させるはたらきを利用して、咬筋にボトックスを注射、注入し、咬筋を萎縮させることでエラを目立たないようして小顔に見えるようにします。

小顔の効果は個人差はありますが、およそ1週間~2週間程度で現れはじめるようです。だいたい1ヶ月程度で効果を実感できるようになります。

ボトックス注射後は咬筋が萎縮してしまうことで、口の付近に違和感を感じることもありますが、しだいに回復します。

施術後は口元に強い刺激を与え注入したボトックスが分散しないように、過度にかたい食べ物は避けたほうがよいでしょう。

また他のボトックス治療と同様に効果の持続期間は約6ヶ月程度です。効果を持続させるためには間隔をあけてボトックスを追加注入する必要があります。
<<戻る
PONSARIN CLINIC copyright @ 2011
www.ponsarin.com | info@ponsarin.com
Follow us on Twitter
find us on Facebook